2017年も「とりあえずやってみる」年にします

2017年になりだいぶ日が経っていますが、明けましておめでとうございます。今年も「ふりにち」をよろしくお願い致します。

2016年の振り返り

2016年の一番大きな出来事と言えば「残業を減らし定時で帰る仕事術」の出版です。

といってもきっかけは2015年の「出版企画コンテスト」への参加でした。

また、6月には大下千恵さん主催の「野望の会」、11月には佐々木正悟さん主催の「ライフハック@広島」を広島の地で開催できた年となりました。ただ、これも2015年に発足させた「広島ぶろがー会」を続けて来なければ実現し得なかったかもしれません。

「アシタノレシピ」への参加も「広島ぶろがー会」のおかげと言っても過言ではないでしょう。(今はバタバタしているのでお休みさせて頂いていますが)

なんというか、2015年のチャレンジが思わぬ方向に転がった一年だったように思います。

2017年は新しい環境でのスタート

LINEブログやあたらしいマンガ道 では触れましたが、2016年11月から「環境」を変えるために色々動いています。

http://mangamichi.net/27222

住むところだったり、「働き方」だったりを変えるべく動いてきた結果がようやく実生活に反映されます。

と、環境を大きく変えても「時間の使い方」が変わらなければ2016年下半期のぐだぐだっぷりと同じような過ごし方になりそうなのでそこは検討しなければなりません。徒歩通勤から電車通勤になるので電車内でできることを考えたいです。iPad Pro欲しい。

「とりあえずやってみる」

「働き方」については色々と準備が整ってから動く方が不安も少なくていいのかもしれませんが、今の仕事への不満が募り募っていたのもあり、準備もそこそこにえいやっ!と変えてみることにしました。(と言っても仕事も一緒だし会社も一緒なのであまり「仕事」の解決にはなっていない)

「やっぱり元の働き方がいいな」と思ったら元の生活に戻すために動けばいいかと思っています。やってみないと分からない。

もっとまんが描きたい

「まんがで分かる日本100名城」を更新できていたときは少しずつでもコンスタントにまんがを描けていました。最近はブログの更新も少なく、ただ下描きをちょこちょこ生産しています。

まんがを更新できないのは何がネックになっているのか。時間の確保なのか、ただ単に清書がめんどくさいのか。どうすれば清書作業が進むのか。もしくは下描きレベルでも十分なのか。

その辺りを検討して、安定してまんがを描く環境を構築していきたいと思います。

というわけで2017年もよろしくお願い致します!

Posted from SLPRO X for iPhone.

SNSはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA