Apple Pencilの描き味向上!iPad Pro用ペーパーライクフィルムレビュー

こんにちは、最近はiPad Proメインで漫画を描いているぞえ(@kz_sue)です。

iPad Proは去年購入していたものの、しっくりくるアプリがなく、かつクリスタないから漫画描けないじゃん!と思ってあまり使っていませんでした。(何故買ったのか)

しかし、「CLIP STUDIO PAINT for iPad」がリリースされたのをきっかけに、iPad Pro + Apple Pencilの描き味向上のためにペーパーライクフィルムを購入してみました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フィルム導入前:カツカツして描き辛い

液タブのような環境はこれがはじめてではありません。母艦PCとしてVAIO Z Canvasを使用しています

VAIO Z Canvasでは、画面保護フィルムは普通のものを貼っていますが、スタイラスペンのペン先を柔らかいものに変えているおかげか、そこまでカツカツ感が気になったことはありません。Apple Pencilはペン先が固めなせいかなんかカツカツします。すごく気になる。描き辛い。

ザラザラしているペーパーライクフィルム

そこでペーパーライクフィルムの出番です。ペン先が変えられないなら画面を変えるしかない。

↓iPad Pro 9.7インチ向け

貼ってみた感想

すごい!カツカツしない!!!

ペーパーライクフィルムのおかげで、かなりアナログの描き味に近くなりました。デジタル特有のペンがつるっと滑る感じはなくなり、紙に書いているような描き心地です。物理的にも。

ただ、Apple Pencilのペン先の減りは早くなりそうです。描いていると若干摩擦を感じます。どのくらいでペン先を交換することになるのかは、今後様子見です。

指の滑りは悪くなる

写真だとかなり分かりづらいのですが、今までツルツルだった画面が少しザラザラの画面になります。

iPadはつるっとした触り心地が気持ち良かったのですが、若干ざらっとした触り心地になってしまいました。普段タッチでアプリを操作するときはそんなに気になりませんが、Kindleアプリで電子書籍を読むときにページをおくるスワイプ操作でザラザラ感が少しだけ指に引っかかるような印象です。画用紙ほどはいかず、コピー用紙を撫でているのが近いかも。

慣れの問題ではありますが、iPadのツルッと感がお好きな方は注意してください。

画面のきれいさも落ちる

ザラザラしたフィルムを貼る以上仕方のないことですが、光の屈折率が変わるため、画面が少し曇った印象になります。また、iPadのポジショニングによっては照明の反射が気になることも。

ただ、アプリを使ったりフルカラーの電子書籍を読んだりするのには問題ありません。もちろん、カラーイラストを描くのにも支障はありません。ちょっと彩度が落ちるかな、というレベルです。

あの鮮明な画面が味わえなくなるのは少し残念ですが、描き味向上には変えられません。

さすがApple Pencil

iPad Pro&Apple Pencilが発売されたときに「紙のように描ける!」と話題になりましたが、カツカツが気になってあまり実感できていませんでした。

が、ペーパーライクフィルムを導入したことでようやく「紙のように描ける」が実感できるようになりました。

操作時のザラザラ感や若干曇った画面は最初は気になるものの、使い続けることで気にならなくなってきました。Apple Pencilの描き味としても大満足です。

↓9.7インチ向け

iPad Pro 10.5インチ向けはコチラ

iPad Pro 12.9インチ向けはコチラ

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

SNSはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA