岡野純さん・和田稔さん主催の「ベストセラー電子書籍著者が語るヒットの法則」に参加してきました!

9/5(土)に岡野純さん(@jun0424)と和田稔さん(@mon8co)主催の
ベストセラー電子書籍著者が語るヒットの法則」に参加してきました。
お二方のベストセラー電子書籍にまつわる裏話から各参加者(希望)の出版企画コンテスト、懇談会まで内容が濃くとても楽しいイベントでした。

会場は恵比寿にあるバー

恵比寿に訪れるのは初めてで、Googleマップがなければ辿りつけなかったであろう場所でした。
Dpub11のときも思いましたが、東京のお店は結構入り組んでいるところにありますね。(個人的なイメージ)

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13151305/

お店に入ると憧れのお二方が!

今回のイベントにはなんとシゴタノ!の大橋さん(@shigotano)とライフハック心理学の佐々木さん(@nokiba)もご参加されていました!
直前に大橋さんと佐々木さんがいらっしゃるというお話はお聞きしておりまして、お二方の前で発表だなんて、、、と思いながら会場に入ったのですけれどもお二人にお会いして更に緊張が高まるという事態に。。。

佐々木さんとは今回がはじめまして、大橋さんとは第1回広島ぶろがー会以来でした。
私がこうしてブログを立ち上げられ、企画発表できるのもお二方のおかげであり、
日頃(一方的に)お世話になっている方に直接お会いでき、多少なりともお話しができるというのはこういったイベントの醍醐味の一つですね。
でもすごく緊張しました。

18:00からイベント開始!

ベストセラー電子書籍著者のトークセッション

まずはベストセラー電子書籍著者である岡野さん、和田さんが「売れる電子書籍とは?」をテーマに5W2Hに基いてのお話を聞くことができました。
トークセッションの内容については後日加筆ありで電子書籍化されるそうなので、
ここではかいつまんで箇条書きでまとめておきます。
電子書籍化も楽しみですね。

http://jun0424.com/?p=3986 http://mon8co.com/2015/09/10/kindle-author-events/

When(いつ)

  • 電子書籍を出版する前から営業した
  • 売れたのはセールに選ばれたことが大きい
  • セールに選ばれるのは実績
  • 出版後はレビューを書いてくれるように知人にお願いした
  • 本を出版できるのが嬉しく、最初は営業を意識していなかった

Who(誰)

  • 本好きのためのAmazonKindle読書術」のターゲットはKindleを読んでいる人⇒ニッチなテーマなのが良かった
  • 「Kindleで本を読みましょう」というワークショップをしたことがあり、きっかけになった
  • ITに明るい人ほど悩みがちなテーマ(Evernote、タスク管理など)の方が売れた
  • 万人受けするテーマは他にも出てくる
  • まんが×○○はきている

How(どうする)

  • ブログは書くべき→日頃からネタをひねり出せる
  • ブログ記事をPickupして電子書籍化するのはあり
  • 電子書籍を出すなら年内

参加者による出版企画コンテスト

トークショーの後は総勢9名(1名急遽欠席)によるこんな本どうですか!という出版企画コンテストです。
1人5分の持ち時間の中で企画発表を行い、その結果を主催者様方(岡野さん、和田さん、金風舎さん)が○ or △で評価する、という形式でした。
○3つで晴れて出版!、○2つで企画手直しありで出版も、という評価軸で企画発表後すぐに結果が言い渡される様は見ているこっちがどきどきしました…。

私もせっかくイベント参加するなら、と企画コンテストに参加し、結果はなんと○3つで晴れて出版させて頂くことになりました
出版させて頂くことにはなりましたが、タスク管理というジャンルは岡野さんも出版されていますし、電子書籍の中でも競争が激しいジャンルのようです。
事前のトークショーでの電子書籍で出すならニッチな内容とは相反するものとなっていますが、自分が電子書籍を出すならまずはタスク管理!という想いで企画申込みをしたのでがんばってみようと思います。

和田さんからは「タスク管理界のアイドル・女王ポジションは今空いている!そこを狙うのもあり。」とのコメントを頂きましたが、
自分はアイドルとか女王っていうタイプじゃないな…と頭を抱えている現在です。
なんかもっと柔らかいイメージの何か…あればいいんですけどねぇ…。

懇談会

企画コンテスト終了後は懇親会の時間が設けられました。
佐々木さんともたすくまについてお話ができ、忘れることのない時間となりました。
が、欲を言えばもう少し懇親会の時間が欲しかったですね。
企画コンテストの参加者が9名な時点で難しかったので、仕方のないことではありますが。。。

企画盛り沢山なイベントでした

あっという間の3時間で、その後の2次会まで楽しい時間を過ごすことができました。
東京まで足を運んで本当に良かったです。
出版についてはまた別記事にまとめます。

イベント当日に発売されたモンハコさんの電子書籍はコチラ

岡野純さんの最新作はコチラ

SNSはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA