落とし物が見つかりやすくなる?おしゃれなBluetooth紛失防止タグ「Qrio Smart Tag」を3ヶ月ほど使ってみた感想

こんにちは、ぞえ(@kz_sue)です。

昨年、家の鍵を半年の間に2回紛失したのをきっかけに、Bluetooth紛失防止タグを使ってみることにしました。さまざまなデザインのタグ、サービスがある中落ち着いたのはQrio Smart Tagです。


一般発売されたのは2017年に入ってからですが、私はクラウドファンディングサービス・Makuakeで支援していたので2016年11月には入手できていました。最近2台目も追加で購入しました。

※Makuakeでの支援受付は2016/08/31に終了しています。

「Qrio Smart Tag」であなたの大切なものがすぐに見つかる! | クラウドファンディング Makuake(マクアケ)

日本製でおしゃれなBluetooth紛失防止タグ

Qrio Smart Tag」の特徴はなんといっても日本製でありながらこのおしゃれでシンプルな外観ではないでしょうか。かわいい。
カラーリングもかわいいパステルカラーからシックなカラーまで5色(ブラック、ネイビー、ライトイエロー、ライトブルー、ベビーピンク)展開されており、つけるものによって色を選択することもできます。

以前、おしゃれなタグを求めて海外製のタグを使用してみたりもしましたが、アプリが英語でなんだか活用する気が沸かず。。。(普通に使う分には問題ないけど、サービスをがっつり使う気にはなれなかった)

また、専用アプリを入れている人が(紛失した)自分のスマートタグの近くを通るとスマートタグの位置情報が分かる機能もあるので、日本製のBluetooth紛失防止タグを使う方が日本国内で使う分にはサービス利用者が多いのではないかと思います。(地方はその恩恵を受けられるか定かではありませんが。。。)

Qrio Smart Tagの機能

スマートタグの基本機能は以下の通り。Bluetooth紛失防止タグによくある機能は押さえている印象です。詳しくは公式サイトをどうぞ。

  • スマートタグの位置情報をスマホに保存
  • 紛失時には他ユーザーとの連携も
  • スマートタグからスマホが探せる
  • スマホからスマートタグも探せる
  • スマートタグのボタンでアプリ内のカメラのシャッターをきれる

バッテリー交換も簡単!

スマートタグ本体のバッテリーもちは最長6ヶ月(※)とのこと。
※使用状況や利用環境により異なる場合はあるそうです。

しかし、突然バッテリーが切れても慌てることはありません。コンビニやスーパーなどでお手軽に手に入るボタン電池(CR2032)を使用しているため、バッテリーが切れても電池交換で再び使用することができます。
電池交換もスマートタグの背面のネジを付属ドライバー、もしくはマイナスドライバーなどで外して交換するだけなのでお手軽です。

ちょっと残念なところ

Bluetoothと位置情報をガンガン使用している以上、仕方のない面もあるのですが、これから改善すれば嬉しいなぁと思う点をまとめてみました。購入を考えている方もこの点には気をつけてください。

スマホのバッテリーのもちが少し悪くなる

スマートタグを使い出してからバッテリーのもちがかなり悪くなりました。

が、ファームウェアバージョン1.0.2あたりからかなり改善しているような気もします。

一定の頻度でスマートタグとBluetooth通信を行っているため、ある程度の電池消費仕方ないと思っています。プラス、最長1時間置きに位置情報も取得していますしね。GPSは電池食うのですよ。

あまりにも気になる場合は設定から位置情報取得間隔を変更するのがいいと思いますが、機能とトレードオフなので悩ましいところ。

時間帯によって取得間隔を変更できる設定とかできませんかねぇ。。。移動時間は10~30分間隔、家にいるであろう夜は3時間間隔、とか。

切断の通知が多いことも

スマホもスマートタグの位置も移動させていないのにスマートタグの切断通知が来ることがよくありました。が、こちらも最近は結構落ち着いています。

iPhoneを使用しているのですが、iOS10以降はBluetoothが不安定なのが原因だったのかもしれません。また、スマートタグのファームウェア自体もたまにアップデートが来ているのでこの問題は改善されていくと思います。

iPhoneを使っていてそれでも通知が多いよ、という方はこちらの方法を試してみてください。(私はWi-Fiの設定が消えるのが嫌で試してはいません。。)

ちなみにファームウェアのアップデート手順はこちら。

「Qrio Smart Tag」のファームウェア更新手順(スクショあり)
クラウドファンディングサービス・Makuakeで支援し、2016年11月に手に入れ愛用しているおしゃれなBluetooth紛失防止タグ、「Q...

複数のタグを使用しているときにどちらが切断されたのか分からない

スマートタグを複数個利用している場合、通知だけではどのスマートタグが切断されたのかが分かりません

まぁ、アプリ起動すれば分かるんですけどね。

アプリ起動するのがちょっとめんどくさいだけです。

落とし物、忘れ物が多い方にはオススメ

最近様々なBluetooth紛失防止タグが発売されてきているな、と感じます。(去年探したときは日本製でおしゃれなものはなかった)

機能もそこまで大差ないため、シゴタノ!で紹介されていたWistiki」や「MAMORIO」などお好みのタグを使用すればいいと思います。「MAMORIO」もかわいいんですけどね~。小さすぎて鍵につけていても落としたことに気づかなさそう、、、と思って私は「Qrio Smart Tag」にしました。

シンプルでコロンとしたフォルムがお気に入りです。

SNSはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA