会計処理のソフトは何故使いづらいのか。ちょっとしたことだけど許せないところ

税理士事務所のアルバイトで会計処理のソフトを使っています。会計処理だけではなく、事務所の勤怠やスケジュール管理もでき、「こんなソフトがあるんだな〜」と感心しつつも、なんかよく分からない使い勝手の悪さにイライラしています。一昔前の家計簿ソフトみたいな感じっていうか……何なのこの使いづらさ。。。

すっごい細かいけれど許せない点は(今のところ)以下の2点。元開発職として個人的には信じられない。でもこんなソフトいっぱいあると思う。

入力方法が統一されていない

  • ある入力フォームでの改行は『Shift+Enter』
  • 別の入力フォームでの改行は『Ctrl+Enter』

これ、同じソフトの中での入力方法の話です。ソフト内で改行の入力方法が統一されていない。信じられない!!!!!!統一しろよ!

「今はこのフォームに入力しているから改行は『Ctrl+Enter』」とか意識しないといけないのです。めんどくさ。てかそんなん無意識に打ってるから忘れますわ。(そして改行に失敗してから気づく)

あり得ない……。(怒り心頭)

表示画面の検索ができない

「開発者目線で考えるとしょうがないんだろうな〜〜」とは思うけれど、例えば、これがWebで動くアプリケーションだったら検索できるわけですよ。そうなるとスタンドアロンのソフトだって検索できた方が嬉しいじゃないですか。

具体的に言うと、「医療費控除の明細書」を作成する画面で病院・薬局の情報などを入力する画面があるけど、病院・薬局の情報は検索できない、って話です。金額を入力しようと思ったら入力箇所を目視で探さないといけない。辛い。デジタルとは……。

こういう業務系のソフト?を使ったことがなかったんですけど、その使い勝手の悪さにびっくりしています。なんだろう。基本的なことはできるけど、かゆいところには手が届かない感じ……。

ちなみに「ACELINK NX-Pro」ってソフトです。全体的に古くさいんだよなぁ…。いちいちUIまで改善してる余裕はないんだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。