残業を減らし定時で帰る仕事術〜SE女子のタスク管理奮闘記〜

slproImg_201604210722020.jpg

書籍紹介

内容紹介

今から2年前…SEとして働く「ぞえ」は、仕事に追われていた。
「自分だけが弱音を吐く訳にはいかない」と残業の日々を送っていたが
ある出来事がキッカケで残業削減を決意することにー。

SE女子が残業を減らし、定時で帰れるようになるまでの実体験を描く!
サラリーマン漫画家「ぞえ」渾身のデビュー作◎

こんな人にオススメ

  • 残業を減らしたい
  • 定時で帰ってプライベートを充実させたい
  • タスク管理に興味があって試してみたい

目次

  • プロローグ:遂に残業時間が100時間突破&深夜2時まで会社に
  • 第1章:何故定時までに仕事がおわらない?
  • 第2章:仕事を増やさない!
  • 第3章:時間を記録しよう
  • 第4章:時間帯によって得意な作業がある
  • 第5章:「何故残業を減らしたいのか?」を明確にする
  • エピローグ:今では週3で定時退社

立ち読み

立ち読みは金風舎様のページにてどうぞ。

書籍情報

タイトル 残業を減らし定時で帰る仕事術〜SE女子のタスク管理奮闘記〜
著者 ぞえ
発行日 2016/04/21

この本を入手

レビュー

Honkure

本書は漫画仕立てのタスク管理話で、主人公であるぞえさん(SE)が、仕事に押しつぶされている状況をマスターに教えを請いながら少しずつ打開していくというよくあるメンター系ストーリーなのだが、そのメンターがなぜかひよこである。
残業を減らし定時で帰る仕事術~SE女子のタスク管理奮闘記~(ぞえ)

さいんぽすと

今までタスク管理に触れたことのない人に向いています。

全編マンガで構成されているので、本を読むことが苦手な人でもサクッと読めるのが特徴です。
残業を減らし定時で帰る仕事術~SE女子のタスク管理奮闘記~ by ぞえ - マンガで分かりやすくタスク管理の基本を学べる!

今、夢に生きる

私が勝手に「こんな人向けにいいんじゃないかなー」と思うのは、

・タスク管理を今までやったことがない人
・仕事をラクにしたいんだけど何から手をつけたらいいか分からない人
・自分はタスク管理をしていても、そのメリットが他の人に伝わらないと悩んでいる人

そういう場合の「最初の一冊」として最適なんじゃないかと。
タスク管理、最初の一冊!書評『残業を減らし定時で帰る仕事術』

「ココロ」動くブログ

圧倒的に分かりやすい。時間あたりで伝わる情報量の多さと正確さ。

分かりやすいからといって、内容が不足しているわけではありません。

・その日にやることのリストを作る
・行動記録をつける
・時間帯ごとに向いた作業をする
・目的をハッキリさせる

といったタスク管理の基本はバッチリ押さえています。
残業を減らし定時で帰る仕事術/ぞえ 著/マンガでタスク管理を基本から学べる

たらハコ

タスク管理に正解はない!自分に合った方法を見つけよう!
「やらなければいけないことがなぜなかなか終わらないのか」に対して「どういう考え方で対処すればいいか」といった「考え方」の部分が重要になります。
たった30分で明日からノー残業生活!?タスク管理に興味があれば絶対読みたい「残業を減らし定時で帰る仕事術~SE女子のタスク管理奮闘記~」

NO BIG DEAL

仕事をしていて誰かに割り込まれると、今までなにやってたか忘れてしまうことありますよね?
「脱線」と表現されてますが、これはホントに共感。
脱線せずに戻ってくるために、タスク管理が有効ってことも再認識できました!
【読書】残業を減らし定時で帰る仕事術 – タスク管理の入門マンガ! 仕事が終わらず悩んでる人にオススメ!!

ぞのドットコム

「今」やらなくてもいいことをやってしまったせいで、大切な時間が無くなっていることに気が付いたことはありますか?
「残業を減らし定時で帰る仕事術 ぞえさん」記録を付けて改善を繰り返すべし

他の誰でもない忍の記録

逆に考えれば、「1つの仕事にどのくらい時間がかかるか把握していない」から、定時で終わらないほどの仕事量を抱え込んでしまう。とも言えますよね。

ひょっとすると仕事以外のことで、時間を浪費しているかもしれません。
タスク管理の参考になるマンガ「残業を減らし定時で帰る仕事術」

The Path

タスク管理は簡単に言うとやるべき事の計画を立てて実行するというシンプルなツールです。

タスク管理は言ってしまえば単なるツールですが、夢を叶える事ができる
タスク管理の基本が学べる『残業を減らし定時で帰る仕事術』で1番大切な事とは

書評記事用にアイキャッチ画像を配布

segirl-landingpages-thum
※画像クリックでフルサイズ(1200*630)の画像が表示されます。

書評記事向けにアイキャッチ画像を用意しました。
本書籍をご紹介頂くケースに限り、自由にお使いください。改変(文字追加など)可。
画像の再配布はご遠慮ください。

ご購入はこちらから

SNSはこちら