3年使ってるiPhone6sのバッテリー交換をしたら幸せになった話

iPhone6sを2015年秋から使っています。

2年目を超えたあたりから「機種変更したいな〜」と思い続けていますが、年々上がる端末代に足踏みしている状態……。

そうこうしている間に、バッテリーもちが酷くなってきました。常時たすくまで記録を取り、朝ご飯を食べながらゲームアプリのログインボーナスを受け取り、通勤の電車でちょっとSNSを見ていたらもう40%を切っています。モバイルバッテリーが欠かせません。

たすくまで位置情報も取得してるし、ゲームアプリやSNSは通信が欠かせないし、仕方ないよね……と思ってました。3年使ってるし、こんなもんだと。バッテリー交換したら世界が変わった。

電池もちが雲泥の差

バッテリー交換前は前述の通り、朝会社に着くころにはもう充電が必要でした。ちょっとゲームをしたり、SNSを見ているだけですぐに20%以下になってしまう。常に省電力モードにして、バッテリーの減りをなるべく抑える毎日でした。

バッテリー交換後のバッテリーの状態

それがバッテリー交換後の今ではなかなか電池が減りません。「結構ゲームしちゃった…バッテリー大丈夫かな?」と思ってもまだ70%。「そろそろ充電しなきゃいけないかも…」と思ってもまだ40%とか。40%になっても20%になるまで結構もちます。交換前は40%になってもそのままゲームをしていたら数分で20%に減っていたのに……。

かなりスマホを使っても、1日に1回充電するだけで良くなりました。交換前は2〜3回充電してたかな……。

パフォーマンス向上にも期待してましたが、体感ではそんなに変わらないかな?

ただ、Apple Watch Series4でたすくまアプリがスムーズに使えるようになりました。バッテリー交換前はよくエラーになって「使えないな」と思っていたのに。機種変更しないとApple Watchでたすくまは使えないかと思っていたので思わぬ副産物です。

お得なバッテリー交換は2018年12月末まで

2018年12月31日まで、対象となるiPhone6以降のモデルは通常より安くバッテリー交換できます。

バッテリー交換代

私はAppleCare+に加入していないため無償交換の対象外でしたが、3,200円(+税)で交換できました。

このバッテリー交換プログラムが発表されてからちょくちょく予約を取ろうとしてたのですが、なかなか予約が取れず。たまたま日曜の夕方にAppleのページを覗いたら運良く月曜の夕方だけが空いていて予約が取れました。

広島のApple正規サービスプロバイダでは朝の9時半〜10時半の間にその日から3日分の空きが開放されるそうです。なので、9時半頃からAppleのページを更新しつつ待機しておけば予約が取りやすい、と。でもすぐに埋まってしまうので戦いですね。

お近くのApple正規サービスプロバイダで予約が取れない場合はいつ頃アクセスすれば予約が取りやすいのか聞いてみるのもありだと思います。

3年使ったしそろそろ機種変更かなと思っていたけれど、「まだいけるかも?」と感じています。いずれ機種変更するとは思いますが、しばらくは快適になったiPhone6sを使い続けます。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。