Windowsのリモートデスクトップ機能(ホスト側)は使えるOS(のエディション)が限られている

家のパソコンでTaskChute2を使うぞ!ということで放置してたWindows 7パソコンをUSBモニターに繋いでTaskChute2をダウンロードしました。

まぁWindows7でTaskChute2が使えるのは当たり前。Excel2007(サポート切れてるけど)だしパソコンのスペックが低いのでサクサク快適ではないですが、使えます。

これをiPadからリモートデスクトップで操作するぞ!

……と思っていたのですが、Windows 7 Home Premiumはリモートデスクトップ使えないそうなのです。えー!そうなん!知らんかった!!!うそやん!!!!!

会社のパソコンでは普通に使えてたし、使ってたしで予想だにしてませんでした。そういえば、会社のパソコンのOSはWindows 7 Enterpriseだったな…だからかぁ……まじかぁ……。だからiPadのリモートデスクトップアプリから接続がうまくいかなかったのだ…ルーターの設定かと思ってそっちを調べはじめるところだった……。

まさかOSのエディションにそんな差異があったなんて。全然気にしてなかった。適当に「Home Premiumでいっか〜」と選びました。知ってたらリモートデスクトップ使えるやつにしたのかもしれないのに…!

なんやかんやすればWindows 7 Home Premiumでもリモートデスクトップのホスト機能(接続される側)が使えるらしいです。なんやかんや…するか……めんどくさいなぁ……。

めんどくさいのでChromeリモートデスクトップも使ってみたんですけど、iPadに接続しているキーボードの十字キー使えないしショートカットも反応しないのでなしです……TaskChute2使うのにショートカット使えないとか意味がない……。まぁWindowsのリモートデスクトップでも同じかもしれないんですけど………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。