初めてのミラーレス一眼に富士フィルム・X- T20を買いました

OMIYA!のライターをはじめるにあたり、きれいなお土産写真が必要になりました。私が持っていたのはいつ買ったかも覚えていないコンデジ。「お城も撮りたいし、ミラーレスデビューにちょうどいいのでは…!?」ということでミラーレス一眼を購入しました。

いろいろ悩んだけれど、富士フィルムのX-T20にしました。クラシックカメラのような見た目がかわいい。

カメラを選ぶときに気にした4つのポイント

撮りたいものはお土産と、あわよくば城なので、そんなにこだわらなければどのカメラでも良かったのですが、カメラに詳しい会社の先輩に相談しつつ、譲れないポイントを設定しました。

  1. クラシックカメラ風な見た目いいよね
  2. 液晶は可動するやつ(チルトでもバリアングルでもOK)
  3. スマホ連携したい(できればBluetooth)
  4. USB充電できたら嬉しいなー

先輩からはX100Fをオススメされましたが、液晶が動かないんですよね。見た目めっちゃかわいいけれど……。

富士フィルム以外にOLYMPUSのPEN E-PL9も候補に挙がっていましたが、ガチで撮るなら富士フィルムの方がいいかな、とのこと。お値段もお手頃で、液晶の可動域的に自撮りもしやすくて、初めてのミラーレスにはこちらでも良かったかも。見た目もオシャレ。

Bluetooth連携は意外と少ない

ワイヤレス通信に対応しているカメラは多く出ていますが、多くはWi-Fiで、Bluetoothに対応しているものは少なかったです。

Bluetoothの方が安定しているのでBluetooth連携があるカメラが良かったのですが、悩んだ当時(2018年3月)富士フィルムには条件を満たすカメラがなく……。

最後までBluetoothによるワイヤレス通信ができるX-E3と悩んでいましたが、撮影するときのことを考えて可動式液晶モニターを優先しました。BluetoothはWi-Fiが代わりになるけど、可動式液晶モニターはどうにもならない。

X- T20に満足しています

使いこなせてます!というほど写真は撮っていませんが、iPhoneのカメラで撮るよりは断然きれいです。大好きなお城もこの通り。(ちなみに高知城です)

何より見た目がかわいいから持ち歩きたくなっちゃいますね。見た目に妥協しなくて良かったー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。