遂に、ようやく30歳。30代に突入して考えたこと

こんにちは、本日誕生日を迎え、30歳になったぞえ(@kz_sue)です。

例年は誕生日記事は書いていないのですが、20代から30代になった節目として今の想いを綴っておきます。

思っていた30代になれているのか

こういったことはよく耳にしますが、私も、子供の頃描いていた「30歳」とはかけ離れているように思います。

もっと大人で、もっとしっかりしていて、何なら結婚もしている姿を思い描いてました。

が、それは「世界」を知らないが故の世間一般的の姿であったのでしょう。

幼い頃はどうしても「世界」が限られてしまいます。近しい大人は親や学校の先生に限られます。それが自分の「世界」、「普通」になってしまいます。

その「普通」の中で描いた「30歳」は、いろいろと限られた姿だったのではないか、と思います。

さて、今はどうでしょう。

このブログをはじめて、さまざまな年代、職業の方と交流するようになりました。

年上の方が多く、いつも勉強させて頂いています。

たくさんの方とお話させて頂く中で、週5正社員だけを続けていてはおそらく知り得なかった、さまざまな生き方がそこにはありました。

さまざまな30代、引いては40代、50代の姿を知ることができました。

いえ、むしろ、年齢なんて関係ないのでしょう。

「30歳」に囚われない生き方があり、私は年齢にこだわることをやめることにしました。

今が一番楽しい

「20代です!」

と言えなくなった一抹の寂しさはあります。

ですが、それ以上にこれからの人生にワクワクしています。

「三十にして立つ」と言いますが、私は立てているのでしょうか。まだまだ立とうとしてぷるぷるしている子鹿のような気がします。

去年思い切って週3勤務をはじめて、なんだか上手くいかなかったけれど、この生活を(今は)手放したくないので今年はお金周りを頑張る年です。

30歳にもなって安定した収入を築けていないなんて!

とついつい思うこともありますが、安定した世界を手放すことに決めたのは私です。

自らの選択を省みつつも後悔はしない生き方を続けていきたいです。

というわけで、欲しいものリストからのプレゼントはいつでもお待ちしておりますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。