METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAINがホラーゲームでつらい

同居人がMETAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN(MGSV:TPP)を買いました。今更。ブックオフで。安かったんだって。2015年9月2日、3年以上前に発売された作品で、メタルギアシリーズの(スネークがメインのやつでは)最終作らしいです。

メタルギア、名前は知っているけどやったことないんですよね。段ボール箱被ってるむきむきのおっさんがスネークってことは知ってます。スマブラでもプレイキャラだったし。あんまり使ったことないけど。大塚明夫さんの声がかっこいい。

戦国無双では正面突破で総大将を狙いに行くプレイスタイルな私にステルスゲームは難しいな、と思って敬遠してました。「敵に見つからない」ってハードルが高すぎない…?めっちゃ難しくない……???無双だったらとりあえずボタン連打してたら勝てるのに!

そんなこんなで敬遠してたメタルギアでしたが、最近は同居人のプレイを眺めています。PS4版、めっちゃ映像きれいです。映画みたい。最近のゲームすごい。めっちゃ映像きれいだからこそ、ホラー要素のこわさが倍増。

プレイしているとゲーム内の時間も進み、夜になると辺りは暗くなり、敵に見つかりにくくなったりするんですけど、まぁ暗いんですよ。そんな暗いとこで敵のゾンビっぽいキャラ(スカルズ)が突然出てくるもんだからビビるわけですよ!!!はーーー!やめて!もっとゆっくり出てきて!!!ゾンビっぽいくせに見つかったら動きめっちゃ早いし!パニック!

別のちょっとグロい画面も夜だったし…こわすぎる……。ムービーにも昼夜が反映されるのね……。

同じ場面の攻略動画見てたら昼で明るくて、敵が突然登場するシーンもそんなに怖くなかったです。夜だから余計に怖かったのか。同居人曰く、「メインストーリーは昼(ゲーム内の時間)に進めよう!」だそうです。うん、そうして。心臓に悪い。夜寝られなくなるから。今までのメタルギアはこんなホラー要素なかったらしいのに……ゾンビにビビりすぎなのかもしれない……。

ゾンビゲームといえば「バイオハザード」ですが、コードベロニカを友人に借りてプレイしようとしたけど序盤も序盤のナイフしか持ってないところでゾンビが怖くて進めなくなったレベルにチキンです。普通のゾンビしか出てきてないのに。最初から銃持たせて欲しい。ゾンビ怖くない?自我がない感じが怖いのかな。ホラー無理。

メインストーリーのホラー要素にはビビりまくりですが、ゲーム自体はとても面白いと思います。攻略方法は無限大!そして公式のプレイデモ動画がめっちゃ面白い。スカルフェイス(敵キャラ)の土師孝也さんのナレーションがすごくステキ。とてもお茶目。土師孝也さんはハリーポッターのスネイプ先生の声も担当されてるんですね。だから「魔法学校が〜」って言ってるんだ。本編にもこんなお茶目さがあればいいのに……。(スカルフェイスも見た目がホラー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。