年に1回、直営店舗限定のお楽しみ。芋屋金次郎の紫芋のチョコがけけんぴ

芋屋金次郎には年1回のお楽しみがあります。毎年10月から5月期間限定のチョコがけけんぴのことではありません。

年に1回、9日間だけのお楽しみ。直営店舗限定・新芋フェアで販売される「紫芋のチョコがけけんぴ」

紫芋のチョコがけけんぴ

新芋フェアの新芋で作られる各種芋けんぴももちろん美味しいのですが、人は期間限定に弱いもの。

この時期しか購入できない「紫芋のチョコがけけんぴ」には特別感があります。

パッケージはチョコがけけんぴ(ホワイト)の使いまわ……いえ、かなり似ていますが、違う部分はここ!パッケージを止める針金と「紫芋」のシール!

きれいな紫色のシールに期待が膨らみます。

鮮やかな紫色が美味しそう

見てくださいこの鮮やかな紫色のチョコがけけんぴ!着色料は使っていません。紫芋本来の色です。

パッと見毒々しく見えるかもしれませんが、気のせいです。だって紫芋だから!

ベースはホワイトチョコのチョコがけけんぴのため、ホワイトチョコがそれなりに甘いのですが、ホワイトチョコとは別に紫芋本来の味が楽しめるチョコがけけんぴです。手が止まりません。お芋の味が濃いっていうか……。とりあえず手が止まらないのでチョコがけけんぴ(ビターチョコ)同様にあっという間になくなります。

ホワイトチョコの甘さはあるんですが、紫芋の美味しさがうまくマッチしていて、いくらでも食べられます。ハーモニーをかもし出しているわけでもなく、融合している感じ。私はホワイトチョコの甘ったるい感じがあまり好みではないのですが、その甘ったるさを上回るほどに紫芋のチョコがけけんぴは食べやすい。

年に1回、直営店舗限定のお楽しみ

ほかのチョコがけけんぴと共に通年販売して欲しい美味しさですが、2018年現在は年に1回、新芋フェアの期間限定の発売となっています。

今年はもう終わってしまいましたが、気になる方は来年の新芋の時期に芋屋金次郎の直営店舗へ足を運んでみてください。オンラインショップでは買えませんので要注意。

ちなみに広島在住の私は実家(高知)の母に頼んで送ってもらいました。去年に引き続きありがとう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。