31歳、無職。

4月6日、城の日をもって31歳になりました。昨年、30代になりました記事を書きましたが、一年前の私は一年後にはまさか無職になっていると思っていたでしょうか。

無職になる、というか失業手当を受け取るかどうか随分悩んでいました。すでに昨年開業届を出していて、失業手当を受け取るなら廃業届を出さないといけないのもめんどくさかったし、なんかこう…失業手当を受け取ると無職確定じゃないですか。なんかね、抵抗感がありました。

アルバイトで事務作業には懲りました。事務はできるけれど、作業の無駄っぷりの方が気になってしょうがないのです。無理無理。やめやめ。やっぱり私はエンジニアとしてしか働けないのかなと思いまして、4月からはフリーランスエンジニアとして働いてみるのもありかな、週3派遣社員もありかな、と求人を眺める時期もありました。譲れないのは週5日会社員はいやだなぁ、という点です。フリーランスのお仕事もあってそちらを優先したいし、週に5日も会社に行きたくない。週3〜4日でも正社員じゃない方がいいなぁ。あくまで、会社にスキルを活用してもらうスタンスがいいです。無理かなぁ。

3月中旬あたりはとりあえず4月はフリーランスエンジニアか派遣社員エンジニアとして働くか〜と考えていたのですが、無職になることにしました。受け取れるものは受け取っておこう。社会のお世話になろう。そのための制度です。焦っても仕方ない。

どう働くのがいいか、私はどう働きたいのかをゆっくり考える時期にしようと思います。ゆっくり考えたところでもう答えは出ているような気もします。やっぱりフリーランスとしてお仕事するのが楽しいんだよな〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。