Amazonほしい物リストからKindleは贈れない、などリスト作成時の注意点をまとめました

こんにちは、ぞえ(@kz_sue)です。

先日Amazonほしい物リストを公開しました。公開ほしい物リストにほしい物を追加するにあたって気をつけていること備忘録としてまとめます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

ほしい物リスト作成方法

リストの作成自体は難しくありませんが、ほしい物リストをブログ上などで不特定多数に公開する場合、本名・住所が知られてしまうのを嫌がる方も多いと思います。個人情報ばれしないAmazonほしい物リスト作成方法についてはこちらの記事をご参照ください。

http://decoy284.net/2014/08/08/amazon-wish-list-real-name-secret/

ほしい物リストに入れられないもの

正しくは「リストに入れられるけど誰かがギフトとして購入できないもの」です。入れられてしまうのにいざプレゼントしてくださる段階で購入できない、となるのは避けたいですね。

Kindle(電子書籍)

何冊購入してもかさばらない上にハイライトやメモも残せてなおかつWeb上で確認できる便利なKindle。しかし、ほしい物リストからギフトとして贈ることはできないのです。。。

贈ることができたとしても、突然Kindle端末やスマートフォンのKindleアプリに配信されるのもびっくりするかな、とも思います。リアルタイムで贈れるのでそれはそれで楽しいかもしれませんが。

しかし、案ずることなかれ。
はまさん(@Surf_Fish)が解決方法を提示してくださっており、ほしい物リストに「Amazonギフト券 グリーティングカードタイプ」を入れることで擬似的に電子書籍をプレゼントすることができるのです。

私もこの記事を参考にしてAmazonギフト券をほしい物リストに入れています。

http://hama73.com/archives/4924

Amazon以外の販売元から出品されている商品

こちらはほしい物リストの設定にもよるのですが、リスト作成時に「サードパーティ配送同意書」のチェックを外していると、Amazon以外の販売元から出品されている商品はギフトとして贈ることができません。

逆にチェックをしている場合は販売元は関係なくギフトとして贈ることが可能です。

商品の販売元は商品ページに記載されていますので、リストに追加するときは注意したいですね。

また、Amazon以外の販売元からギフトとして贈られる場合、ここから本名が知られてしまうことがあるそうです。気になる方はご注意を。

補足:贈るときの注意点

普段使用しているアカウントでほしい物リストから購入すると、贈った相手の納品書に名前・住所が記載されてしまいます。

私はそれを知ってからも、知ってる方だし別にいいや、と気にせず贈っていましたが、本名を公開していないため本名で届いても誰からか分からないかも、と思い今は「ぞえ」で納品書にも記載されるように設定しています。

設定方法については下記記事をご参照ください。

http://sosukeblog.com/2015/01/16/7507/

しっかり設定して安心してほしい物リストを使う!

自分もほしい物リスト作ってみたいけどなんだかこわい…という方の助けになれば何よりです。

楽しいほしい物リスト生活を!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

SNSはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA