徒歩から新幹線まで経験したけどやっぱり通勤手段は徒歩・自転車がベスト

入社してしばらくは会社近くの借り上げ寮に住んでいたので徒歩通勤でした。引っ越してからは電車+バス通勤。それが平成30年広島豪雨の影響で新幹線で通勤する羽目になり、あまりにもしんどいので家の近くの事業所に自転車通勤していました。

さまざまな通勤手段を経験したわけですが、どう考えても徒歩、もしくは自転車通勤がラクです。さまざまな通勤手段を経験した感想をまとめます。

新幹線:待ち時間しんどい

新幹線とバスを乗り継いで片道2.5時間。

各駅停車のこだまで通勤せざるを得なかったのもあるのですが、すごくしんどかった。こだまは1時間に1本。こだまを待つためにホームに群がる大量の人。そして新幹線の駅から会社が遠すぎる。

逆に新幹線の駅から会社が近ければありかもしれませんが、ホームから改札までが遠いので他の通勤手段より時間に余裕を持たなければいけません。朝に余裕を持つ時間があると思うなよー。

電車:人にもみくちゃにされる

電車とバスを乗り継いで片道1時間。広島なので満員電車になることは少ないです。(カープの試合の日は例外)

都会に比べると、席には座れるし、座れたら本を読むなり好きなことをする時間にあてられますが、そもそも通勤時間少ない方が時間は有効活用できるよね、という問題が。あとなんだか疲れます。座っているだけなのに。

また、山陽本線は弱いのですぐ止まります。冬は特に。「雪で電車動かないので休みます」と何度連絡したことか。

バス:たまに酔う

バスの運転手さんによりますが、運転が荒い人は結構多い印象です。何かしてると酔ってしまう。大人しく寝ていることが多いです。

これも電車と同様に、雪の影響を受けやすいです。雪が降りしきるなか30分外で待ちぼうけしたときは凍え死ぬかと思いました。寒かった……。

自転車:夏はしんどいが◎

片道20分。電車やバスなどと違い、待ち時間が発生しないのが精神的にとてもラクでした。毎日の良い運動にもなります。会社着いても疲れ果てていない、程よい運動。

夏は会社に着いたら汗だくなのと、雨の日はバスや徒歩などの代替手段が必要なことがネックです。自転車の距離を徒歩はちょっとしんどい。

徒歩:最高

片道15分弱の徒歩通勤でした。
朝8時に起きても余裕で間に合うし、なんなら寝坊して始業15分前に起きても間に合ったこともありました。(普段は徒歩だけど、寝坊したときだけ自転車使った)

他要因の影響を受けにくく、いつでもどんなときでも通勤時間は約14分でした。人身事故などで遅れることもないし、雨の日も安定して通勤できます。雪の日も通勤できます・・・が、転ぶ危険性はあるので私は休んでました。(徒歩15分なのに!)

通勤の楽しみ、みたいなものはなく、会社と家を往復する日々に嫌気が差したこともありましたが、仕事を終えたら15分後には家にいる、という状態は本当にラクでした。

番外編:車通勤

私自身は車通勤の経験はありませんが、上司が片道30〜40分の車通勤をしていました。混み具合はある程度読めるので雨の日は道が混むし天候に左右されやすい通勤手段でしょう。
雪の日は数時間かけて帰ったこともあるとか、、、。それ以来、雪の日は休むようにしたそうですが。

やっぱり徒歩でしょ

一長一短ある通勤手段ですが、あまり体力のない私は【徒歩】か【自転車】がベストだと感じています。
そして、雪の日など通勤にリスクのある日はリモートワークができるとさらに良し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。