イラスト・マンガ制作のお仕事の9割はiPad Proで済ませています

以前こんな記事を書きました。

「外でも(家と同じように)漫画を描く」ことに憧れていた私は遂にその環境を手に入れたのです。

そう、iPad Pro(+Apple Pencil)によって!

CLIP STUDIO PAINT for iPadのおかげ

このアプリの登場によって私の制作環境は一変したといっても過言ではないでしょう。

私の母艦PCであるVAIO Z Canvasと同じように漫画が描けます。処理速度も問題ない。

CLIP STUDIO PAINT(以下クリスタ)は私が漫画を描く上で長年使ってきたソフトです。慣れ親しんだソフトがパソコンとほぼ同じようにiPadでも使える。これは大きいです。

また、Apple Pencilの描き心地も申し分ない。それどころか、VAIO Z Canvasより描きやすいかも。

すっかりiPad Proの虜になった私は、ノマドだけでなく、家の中でもiPad Proを使って漫画を描いています。私の場合、イラスト制作も、漫画制作もiPad Proで十分なのです。

欠点:作業効率はそんなに良くない

毎日持ち歩いているお気に入りのiPad Proですが、欠点はやはり作業効率。パソコンと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

ショートカットをたくさん登録できるTABMATEは使えないし、文字入力はめんどくさいし、画面サイズは限られてくるし。(せめてTABMATEは使えるようになって欲しい)

それでもiPad Proを使い続けるのはひとえにアクセスの良さです。「描こう」と思ったらすぐに描きはじめられる。会社へ持って行き、お昼休みもお仕事することができる。

細切れ時間で少しずつ仕事を進めるタイプの私にはiPad Proがピッタリです。

まぁIllustratorを使う仕事のときはiPad Proではどうしようもないんですが……。iPadでIllustrator使えるようにならないかなぁ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。