「SE女子の日常」がKindle本になりました!

ホットクックの利点は再現性が高いところ

材料を切って調味料を入れてスイッチONするだけでご飯が作れる便利家電、ホットクック 。「放っておける」という利点が取り沙汰されますが、「煮込み料理ならどちみち放置するから一緒じゃん」という声も聞きます。よくよく考えてみると、私がホットクックに感じる利点は「放っておける」だけではないのです。

誰でも「美味しい料理」が作れる=再現性が高い

料理のめんどくさいところは、再現性が乏しいことだと思います。

使っているフライパンや鍋の大きさによって煮込む時間は変わってくるし、コンロによって火加減も変わってくる。弱火ってどのくらい、中火ってどのくらい、も基準がイマイチわかりづらい。レシピを見ながら作っても、「なんか違う…」という出来になることもゼロではない。電子レンジだって機種によってワット数が違うので、様子を見て追加加熱しなければならない。は〜?めんどくさ〜〜〜。

「適宜調整していく」のが個人的にはすごくめんどくさいんですよね。調整していくには数を重ねなければなりません。「食べれる料理」は簡単に作ることができるけど、「すごく美味しい料理」の作り方を確立するには数をこなさなければなりません。どうせ自分の手を動かすならば、できれば美味しいもの食べたいじゃん?

それがホットクック では解消されるのです。材料を切って、調味料を測って入れて、メニューを選んで、スイッチONするだけで、いつも美味しい肉じゃがが食べられる!「いつも」というのがミソです。これがホットクックの素晴らしいところだと思うのです。材料の量と調味料の量さえ間違えなければ、いつも美味しい料理が食べられる。何なら、材料を切って調味料を測ることができれば、誰でも美味しい料理が作れる。料理苦手な人にもいいよね。

肉じゃがって鍋で作るととてもめんどくさいです。煮込むのが少ないとじゃがいもが固い。味も染みてない。かといって煮込み過ぎるとじゃがいもボロボロ。お肉は固い。圧力鍋を使うと短時間でじゃがいもホクホクになるけれど、圧力鍋の細かい部品を洗うのがめんどくさい。いいとこどりがホットクックだと思います。まぁホットクックも洗いものめんどくさいけど。圧力鍋よりはマシかな……。

肉じゃがだけではなくて、カレーもじゃがいもホクホクです。材料切って入れるだけなのに!ホクホクじゃがいもを愛している人にはホットクックおすすめです。

最新機種はインターネットを介してレシピをダウンロードすることができますが、ホクホクじゃがいもの肉じゃがとカレーを食べたいだけならば古めの機種でいいんじゃないかなと思います。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥51,800 (2020/09/22 18:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

「いろんな料理を試してみたい!」という方は新しめの機種がいいかな…。あと家電に喋って欲しい人。あと赤い家電はあまり好きではない人…。

Podcastでも喋りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。