自分で「自分の活かし方」を決める

私は毎月コーチングを受けています。

毎月新たな視点や発見ができ、前に進む力をいただいているのですが、9月度コーチングで「自分の活かし方」を他人に委ねていることに気づきました。


自分はこういうことができます、だから誰か私を活用して!

みたいな。

私をいい感じに活用してくれる誰かを待っている。自分の未来に対して待ちの姿勢でいることに気づいたんですよね。

でも、やろうと思ったら自分の活かし方は自分で選べるわけです。お仕事は相手がいてこそ成り立つものだけど、何もかもを来るかも分からない相手に委ねなくてもいいのです。

そしてそこにはフリーランスも会社員も関係ない。

会社員としてのキャリアは特に目標も立てず、やりたいこともなく、ふらふらと仕事をしてきました。その調子でフリーランスもふらふらとお仕事をするところでした。

いただいた依頼に全力でお応えするのは当然ですが、どんなお仕事をするか、誰とお仕事をするかは自分が望む方向に選んでいけるものなのか、と今更ながら気づいたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。